about us

僕がロックを好きになったきっかけは、小学校5年生のときの担任との出会いでした。肩にかかるほど髪を伸ばし、堅苦しいスーツではなく、Tシャツにジーパンをラフに着ていた先生の姿をよく覚えています。ある日、学校にアコースティック・ギターを持ってきた先生は、オリジナル曲を演奏し始めました。この曲を聴いて、テレビで流れている歌とはちょっと違う、と感じた僕。ひょっとしたら先生宅を訪問することで、何か発見があるかも。そう思い、「今度の日曜日、先生の家に遊びに行ってもいいですか?」とお願いをしたのでした。

先生宅で目にしたのはフォークソング、ロックといわれるレコードの数々。
西岡恭三、高田渡、井上陽水、よしだたくろう、泉谷しげる、はっぴぃえんど、といった日本のフォーク・ロック。そしてボブ・ディラン、ビートルズ、バーズ、ローリング・ストーンズなどの外国のロック。
はじめて聴くそれらの音楽に、「なんだ、この歌は!?」「歌謡曲とは全然違う」と、胸騒ぎがするような不思議な感覚を覚えました。
中でも衝撃だったのが、よしだたくろうの「人間なんて」です。歌詞を聴いた時の、脳天を直撃するような衝撃は今でも忘れられません。社会的なメッセージが込められた、人間について歌った歌詞が突き刺さりました。
身近な大人たちの価値観や、常識と言われることに対し理不尽さを感じていた当時の僕。そんな僕の気持ちをよしだたくろうは代弁してくれている。初めて「音楽にはメッセージがある!」と思えた瞬間でした。

そうして、よしだたくろうをはじめとした日本のフォークソングを聴き漁った僕は、その後、たくろうも影響を受けたというビートルズに行き着きます。
僕にとってビートルズは、たくろうと同じくらいの衝撃でした。腹の底がカッと熱くなるような、エネルギーの渦が生じてくるような高揚感。これこそがロックという一言で表せる瞬間でした。ロックという音楽に出会い、その後の僕の人生は確実に変わったのです。

僕が音楽の仕事をすると決めたのは、卒業を間近に控えた大学4年生のとき。実はレールから逸れることなく、就職活動をしていました。髪をさっぱりとカットし、リクルートスーツに身を包んで企業を回る日々。この仕事がやりたいと本気で思ってはいないのに、マニュアル本に書かれたままの受け答えを覚えて面接に臨んでいました。

でも、ふと疑問が湧いてきます。
こんな生き方、ぜんぜんロックじゃない。
僕はなにをしたいのだろう? どんな生き方をしたいのだろう?

その時に背中を押してくれたのも音楽でした。
ビートルズの「Tomorrow Never Knows」に、次のような一節があります。

Yet you may see
the meaning of within
It is being, it is being
内側に秘められた意味を
君が見出すことができれば
それが存在、それが存在

But listen to the colour of your dreams
It is not leaving, it is not leaving
しかし君の夢の色に耳を傾けろ
それは逃避ではない、逃避ではない

「音楽によって心震え、ワクワクしたから今の僕がある」。
もっと言えば、「音楽によって自分を知り、救われた」。
ならば、
「今度は自分が誰かの人生を変えてしまうような音楽を届ける仕事をしたい」。
そう思うようになったのです。
こうして、自分の魂の赴くままに突き進むことを決めたのでした。

「音楽業界で仕事をしよう」と決めたあの日から、根本的な思いは何一つ変わっていません。

かつてのボブ・ディランのように、忌野清志郎のように、夢と挫折を味わいながら社会常識や固定概念と戦い、代弁者として社会を変えていくアーティストを世の中に紹介したい。
既存の音楽シーンに風穴を開けるような音楽をもっとたくさんの人に知って欲しい。
創り出す音楽や生き方に確固とした信念があり、それを貫いているアーティストをサポートしたい。
One & Onlyでは、唯一無二のそんなアーティストを、発掘、マネジメント、プロモーションしていくつもりです。

また、音楽という文化をもっと根づかせたい。そう思っています。
以前とある学校の先生から、「音楽を聴かなくても人間は生きていけるし、なにも困らない」と言われたことがあります。僕は「この人は教育者としてなにを教えているのだろうか?」と疑問に思いました。音楽をはじめとした文化や芸術に向き合う時間は、人間を成熟させてくれるのではないでしょうか。
だからこそ、One&Onlyは芸術に理解のある学校や公立文化施設を通して、未来ある子どもたちに、人生を豊かにしてくれる音楽との出会いを提供したいと考えています。

新型コロナで幕を開けた2020年代。今までの社会常識、固定概念が揺らぎ、新しい生き方、価値観が生まれてくることでしょう。そんな20年代の音楽シーンにおいてOne&Onlyの存在意義が示せれば、これ以上の喜びはありません。

それこそが、「僕の存在意義」でもあるのです。

会社名:
One & Only合同会社
所在地:
〒154-0023 東京都世田谷区若林4-25-5 Modelia Days #B
創業・設立:
2019年4月・2020年2月4日
最高経営責任者:
中野 摂子
最高執行責任者:
森田 浩二
事業内容:
エージェント、レコード・ミュージックCD・DVD等の企画・制作・販売、アーティストマネージメント、
原盤制作、コンサートやイベントの企画制作、音楽著作権の管理業務 他